インプラント
顎関節症治療
歯周病治療
矯正歯科
審美歯科
予防歯科
義歯(入れ歯)について
総合案内
HOME
スポーツマウスガード
医療費控除について
院長活動報告
 
 
きれいな歯並びは男性であれ、女性であれその人の魅力をより引き立たせます。矯正歯科では見た目を美しくすることはもちろん、健康で機能的な歯の噛み合わせを提供する事を目指しております。

歯並びが悪い、噛み合わせが悪いといったことは単に見た目や食事がしにくいといったことの問題以外に、口を開けると音がなるといった症状である「顎関節症」の一因であるといわれています。顎関節症は全身に影響を及ぼす病気であり、悪化すると日常生活に支障が出るほど深刻な病気です。
正しい矯正歯列に治療することで、美しい笑顔を作り出すとともに、健康で機能的な噛み合わせを実現しましょう。
 
子供の矯正(早期矯正)
乳歯と永久歯がある時期(混合歯列期)や乳歯列期後期に始める治療法の目的は、永久歯がはえそろう前に歯が生えている周りの骨、筋肉の不調和を改善し、お子様のお口の中の環境を整える事です。
 
治療を始める時期は?
学童期(小学校低学年)
お子様の呼吸法やおしゃぶり、日常会話などはしっかりとしたお口の運動といえます。まだ顎が柔らかいうちの子様は、口の運動によって顎の骨の成長や顔つきに影響を及ぼすことがあります。最近の子供の食生活が変化したことで、顎の大きさに対して歯のほうが大きい場合がよく見受けられるようです。
お子様の成長段階であれば、永久歯を抜くことなく矯正治療を施すことも可能です。
 
学童期前(保育園・幼稚園)
小さなお子様のおしゃぶりや、呼吸法などが原因で発生する不正咬合であれば、無理に矯正装置を入れなくても、原因である悪癖を直せば自然と直ることもあります。
ページのトップへ
 
大人の矯正(永久歯列の治療)
近年では矯正治療の技術が高くなったおかげで、歯を抜かないで治療できるケースも増えましたが、早期治療に比べて歯を抜く可能性は高くなります。
 
大人になってからの矯正は?
確かに、子供のときの方が、矯正治療はしやすいといえます。しかし、矯正歯科による治療による歯の移動は、患者さんの歯茎がしっかりしていれば何歳でも大丈夫です。患者さんに歯周病やむし歯がある場合は、先に治療を行ってから矯正を行います。
 
ブラケットについて

矯正治療というと、どうしてもあの金属のギラギラしているイメージを想像する方が多いと思います。以前までは確かに金属のものが主流でしたが、現在では透明のものが主流となり、誰でも気軽に人目を気にせず矯正治療を行えるようになっています。

ページのトップへ
 
スピード矯正
通常、成人してからの矯正は一年半から二年以上かかる長期的なものが一般的です。
これまでは治療にかかる期間が長いというのが理由で、歯並びに不満がありながらも我慢して生活していた方が多いのが現実でした。スピード矯正は最短6ヶ月、つまり通常の4分の1から2分の1の時間で済む、非常に画期的な治療法です。
 
スピード矯正/コルチコトミー法について
コルチコトミー法とは、その硬い皮質骨を取り除き、歯を動かしやすくしてやればよいのではないかという発想から生まれた最新の技術です。保定装置の使用もごく短期間ですむようになりましたし、無理な力をかけなくてすむため、歯根吸収を減少させることができます。
ページのトップへ
 
インプラント矯正について
矯正用に造られたインプラントを顎の骨に埋め込み、歯を引っ張るための固定源として使用して治療を行います。インプラントを埋め込む手術は30分くらいで、痛みもほとんどありません。通常の方法と違い、常にインプラントが引っ張り続けるので、治療期間が短かくなります。より制度の高い治療結果を得ることができるようになりました。
ページのトップへ
   
矯正治療の症例のご紹介
 
症例1 上顎前突(出っ歯)
 
上の歯が非常に出ていて口が閉じにくく、しかも咬み合わせも深いため下の歯が見えない状態です。歯を折りやすいなどの外傷にもつながります。

また、骨格に問題がある場合と歯だけが前に出ている場合があります。小児期の治療であれば、骨格の改善を行うこともできます。

 
 
症例2 反対咬合(受け口)
 
咬みあわせたときに下の歯が上の歯よりも前にある歯並びです。下の前歯や下アゴが前に出たり、上の前歯や上アゴが後退しています。

成長とともに骨格の問題が大きくなりやすいので、早期治療が望ましい不正咬合です

 

 
 
症例3 叢生(八重歯、前歯のでこぼこ,乱ぐい歯)
 
歯がデコボコに生えたり、歯の生え方がふぞろいになっています。歯が大きすぎたり、顎が小さすぎて歯と顎の大きさの調和が取れないために起きる症状です。アゴが小さくなっている現代人に多い不正咬合です。

噛み合わせが悪いのはもちろん、歯磨きの際に汚れを落としにくく、虫歯や歯周病の原因にもなります