インプラント
顎関節症治療
歯周病治療
矯正歯科
審美歯科
予防歯科
義歯(入れ歯)について
総合案内
HOME
スポーツマウスガード
医療費控除について
院長活動報告
 
 
医療費控除について
みなさんは、歯科治療の治療費が医療費控除の対象として適応できることをご存知でしょうか?一年で原則として10万円以上を支払った人には確定申告の際の対象となり、税金が一部もどってくる仕組みです。詳しくは治療を受ける際にご相談ください。
 
医療費控除規定

●本人、または家族(生計をともにする配偶者やその他の親族)のために支払った医療費であること。
●その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。

医療費控除の対象となる金額は次の式で計算した金額(最高額200万まで)です。

(実際に支払った医療費の合計額)-(Aの金額)-(Bの金額)

A.保険金などで補填される金額
例 生命保険などで至急される療養費・家族療養費・出産育児一時金など

B.10万円

(ただし、その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額

医療費控除を受けるための手続きは医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出してください。提出の際には医療費の支出を証明する書類として、領収書などが必要となりますので、保管する様、お願いいたします。