インプラント
顎関節症治療
歯周病治療
矯正歯科
審美歯科
予防歯科
義歯(入れ歯)について
総合案内
HOME
スポーツマウスガード
医療費控除について
院長活動報告
 
 

噛めない、喋れない、味わえないという義歯に関するお悩みをお持ちの方は多いのではないかと思います。部分入れ歯を作ることに大切なのは、残っている歯を長持ちさせるということです。それぞれの患者様の状態に合わせ、しっかり噛める入れ歯をご提供いたします。
自分のお口に合わない入れ歯はやがて顎の骨が弱くなったり、残っている歯までをも失いかねません。

 
義歯の種類について
歯を失った多くの場合、よく知られている治療法として義歯があります。一言で義歯といっても、歯のなくなった状態、多く失った状態、顎の状態や治療費によって義歯の種類は様々です。
保険の適用できる金属、材質等には制限があるため、義歯の作成にかかる費用に関しては一度ご相談ください。一方自費の場合はそのような制限はないので、時間をかけて快適な義歯を作成することが可能です。ここでは、義歯の種類と特徴を一部ご紹介いたします。
 
総入れ歯
総入れ歯は上下の顎すべての歯、もしくはどちらか一方の歯を喪失した際に、使用する入れ歯です。総入れ歯は入れ歯の内面を唾液を介して土手に良好に適合させます。
総入れ歯は、人口歯と義歯床によって構成されており、義歯床にはレジン床と金属床とがあります。金属床の利点は、薄く作製できるのでお口の中に入れた異物感が少ない、義歯が壊れにくい等のメリットがあげられます。
 
部分入れ歯
 
クラスプ義歯
 
構造が単純で、調節も行いやすいので、第1選択肢となります。しかし欠点はクラスブの部分が見えてしまうため、審美性におとるという点です。
 
 
アタッチメント義歯
 
アタッチメント義歯は残っている天然の歯に設置される固定部と、入れ歯につける可徹部の組み合わせにより、歯と歯の入れ歯を連結する装置です。クラスブと比べバネがない分、審美性に優れているのが利点です。欠点は歯を削らなくてはならないのと、費用が高いことです。
 
 
コーヌス義歯
 
コーヌス義歯は、残っている歯に金属の内冠を装着し、入れ歯の内冠にしっかりおさまる外冠をつなげるためのものです。入れ歯をはずした際に単純な形の内冠だけになるので清掃性が行いやすいという利点があります。
 
 
イボカップレジン
 
義歯製作中に起こる変形は、義歯の吸着力に影響を与えます。そこで当医院では、加圧填入方式加熱重合法を用いたレジン床義歯イボカップを使用しております。これは、通常、保険で作製される加熱重合法より寸法変化が極めて少なく、精密で正確に適合します。硬度が高いため、レジン床でありながら破損の心配もほとんどありません。また、他のレジンより匂いがないというメリットもあります。
 
インプラント義歯
  インプラント義歯は失ってしまった天然の歯の替わりに人口の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人口の歯を作製し、咬み合わせを回復する治療法です。
ページのトップへ
 
義歯の症例のご紹介
上顎、下顎とも吸着させることが、快適にものを食べるにも発音するにも大切です。そのためにも筋肉と義歯の調和を図り、 入れ歯を浮かせないように安定した噛み合わせを作ることが重要です 。
また、そのような状態は見た目もより自然で、審美的にも優れた義歯といえるでしょう。
症例 1
 
 
この患者さんは入れ歯をもともと使ってましたが、歯茎に対して入れ歯が大きいのが治療前の写真からみてわかります。話しづらいほか、咀嚼にも問題があり、このまま放置すると顎関節症を引き起こす原因ともなりかねませんでした。しっかりと型をとり患者さんのお口の形にあった入れ歯に作り直しました。