インプラント
顎関節症治療
歯周病治療
矯正歯科
審美歯科
予防歯科
義歯(入れ歯)について
総合案内
HOME
スポーツマウスガード
医療費控除について
院長活動報告
 
 
歯科医師が扱う顎関節は、他の関節(膝関節、腰関節、肩関節等)と名称は似ていますが、正中をまたいで二対の関節で前後、左右、上下に複雑な運動をおこなっています。正中をまたぐ関節は顎関節だけなのです。生体を構成する60兆の細胞450余りの筋肉、207本の骨が正しい働きをすることにより人は肉体としての機能を営む事が出来ます。

顎関節症は科学的にはっきりと解明できていないため、その治療法もまだまだ確定出来ていない病気です。しかしながら顎関節のズレは身体に様々な症状を表す要因の一つであると言えます。当医院では頭蓋に対する下顎骨のズレ、噛み合わせのバランス等をとることにより、全身の調整を可能な限り合わせたいと考えております。
 
顎関節症の症状について
顎関節症には次のような症状があります。
 
口を動かす時、痛い
痛む場所が耳の前の顎関節がある所や、片側の顔から頭までが痛いと言ったような症状がある場合は顎関節症の疑いがあると思われます。
 
顎を動かす時に音がする
顎を動かすときに音がする(カクカク、ザラザラ、ギシギシ等)場合は顎関節症の疑いがあります。
 
口が大きく開けない
原因が顎関節内部に問題がある場合、あごの動きを制限するような組織の変化が起きており、その結果、顎関節症を引き起こしている可能性があります。
 
噛み合わせが急に変化した
関節や筋肉に問題がある場合、顎の動きを変えてしまうため、噛み合わせが変わります。
 
その他の様々な症状
顎関節症のその他の症状は、頭痛、首や肩の痛みとこり、耳鳴り、難聴、めまい、舌の痛み、味覚異常、口の中の乾燥感などがあります。しかしこれらの症状は顎関節症以外の病気の場合もありますので、慎重な判断が必要となります。
ページのトップへ
 
顎関節治療の流れ
問診
現在の患者様の状態をお伺いいたします。顎以外の体の部位に痛みがないか等、お聞かせ下さい。

診査
体の歪み、顎の歪み、お口の中の状態のほか、レントゲン検査や顎運動の機能解析検査、歯の模型の作製をいたします。
診断・解決策の提示
顎関節症は様々な原因が考えられるため、その解決策も状態により異なります。診断をもとに患者様にとってベストな治療法をご提案いたします。

治療
上記の診断結果をもとに治療を開始します。
メンテナンス
治療後も予後の状態を確認することが重要です。定期的に診察を受けられることをお勧めいたします。
 
顎機能咬合解析システムについて
これまでの顎関節治療では、緻密な検査やデータにもとづいて行われず、感覚的な治療に頼ってしまう医院もありました。当院では、顎機能咬合解析システムを使用し、客観的なデータにもとづいた総合診断を下してから治療法を決めています。
 
模型分析
まず噛み合せの診査を行います。

骨格分析
形態の特徴の把握、分類をします。
顎機能診査
複雑な下顎の動きを解析し、あごのズレの質や量を把握します。
ページのトップへ
 
顎関節治療の症例のご紹介
当医院に来院された患者さんの顎関節症の治療例をご紹介いたします。
 
症例 1
 
 
こちらの患者さんは何軒か他の医院に通われましたが、入れ歯が合わないということで当院にいらっしゃった方です。本人は顔が曲がって見えるのがコンプレックスに感じており、生まれつきのもので直らないと思っていたそうです。
咬み合せの治療が進むにつれて、歪んだ顔が真っ直ぐになり、ご家族も驚かれたようです。すっかりコンプレックスの方も解消し、入れるだけで不快だっ た入れ歯も付けているのを忘れるほどで、硬いものも咬めるので、食べる楽しみが増えたとのことです。
症例 2
 
 
10年ほどまえから顎が時々痛み、最近になって痛みがひどくなったので来院されました。顎以外にも右肩の肩こり、頭痛、吐き気などの症状を訴えていました。
以前のように肩から来る頭痛や吐き気は一切無くなくなりました。指が2本位しか入らなかったのが、治療後は4本入るようになりました。
ページのトップへ
 
患者様からの手紙
多くの患者様が顎関節症に苦しんでおられます。しかし、正しい治療とご本人の努力により、嘘のように症状が回復された方もたくさんおられます。先ほどから述べてきましたように、顎関節症は全身に影響のある病気です。だからこそ、それを克服された患者様の喜びはひとしおでしょう。同時にそれは歯科医師として最大の喜びでもあります。
ここに実際に克服された方のお手紙をご紹介します。諦めてしまった方、お悩みの方が少しでも勇気付けられれば幸いです。
 
Eさんの場合
先日は検診でお世話になり有り難うございました。毎日をとても快適に過ごしています。 私が井上先生にお世話になるまでは、歯のことは全く諦めの状態でした。
私は子供の頃大病で口が曲がり口の中もつったようになり、右の歯で食べ物をかむと口の中が血だらけになるのです。左だけを使うので歯もどんどん悪くなり、歯医者へ行くと悪い歯を抜くだけなのです。たまに「かめるようにしましょう」と言ってくれてブリッジの歯を作ってくれても、3回もかむとはずれて、持っていくと「これ以上はできません」と言われ、何度医者をかえてもダメでした。諦めきれずに大きい病院へ行ったら「使えないんだから全部抜いてしまえ」と言われて話を聞こうともしませんでした。逃げるようにしてその後はどうにもならないんだと思って何年も過ぎてしまいました。 娘が「ダメでもともとだから、歯無しのお母さんはイヤだから」と言って「良い先生だと思うよ」と井上先生の所へ連れて行ってくれたのです。
先生は私の口の中を見て話を聞いてくれてどうしたらいいか考えてくれました。「難しいけど頑張って通うならやってみる」と言ってくれて、帰りは娘と喜んだのを覚えています。それから、往復5時間を会社の休日を全部歯医者通いにあてました。「今日はどんなことをするのかな、今度はどんなになるのかな」といつも楽しみで1年半通いました。 「今日で終わりだよ」と娘の所へ寄ったら娘が「口を開けてみて」と言って「随分自然に出来てるね。あんなにひどかったのに、もっと早く行けば良かったね。」と一緒に喜んでくれました。 それからの日々は生まれ変わったように感じます。プリン、豆腐、牛乳等の流動食に近いようなものばかり食べていて、胃がとても大きくなり下っていたのに食べ物が変わって、リンゴ、たくあん、煎餅等をバリバリ食べることが出来るようになったのです。ごまがプチプチという音や、氷砂糖が結晶で出来ていることも口の中で発見しました。ボリュームを上げても聞き取れないラジオ・テレビがきれいに聞こえるようになり、頭痛肩こりも忘れました。大口で笑い、鏡で自分を見てと言うまでになりました。今までしようしたいと思った事のない事にも自分で興味を持ち仕事も今までは裏方の方だったけど今はお客様の相手をしたり「私にやらせてください」「私がやります」と先だって動けるようになり、兎にも角にも大げさでなく生まれ変わったような感じがします。見る物全てが明るくなり「まだまだなんでも出来るぞ」という気持ちで毎日を過ごしています。 歯を治すと言うことがこんなに大きな意味を持ち、人生の価値観を変えるとは思ってもいませんでした。
先日の検診の時にも先生にお話ししたと思いますが、先生にお逢いできなかったら、今頃は歯もない口にマスクを当てて、仕事も出来ずに家に閉じこもっているだけの毎日になっていたと思います。 もう60歳と思っていた年齢も「まだまだ60歳」人生これからという気でいっぱいです。井上先生に新しい命をもらいました。まだまだ頑張って人生を楽しみます。 本当に有り難うございました。重ねて御礼申します。乱筆で申し訳ありませんが御礼を申し上げたくてお手紙にしました。有り難うございました。
 
Fさんの場合
私は、入れ歯が合わないため歯科医を何件か変えました。ある先生には、義歯とはこういう物だと言われました。悩んでいると友人に大和市の井上先生を紹介されました。私の自宅は相模原市で遠かったのですが、わらにもすがる思いで言ってみました。私は、義歯の治療のみで言ったつもりが先生にはまずかみ合わせの悪さを指摘されました。そのせいで顔が歪んでいるとも言われました。いつも写真を撮ると、顔が歪んで写るのでコンプレックスになっていました。でも、奇形で治らないと思っていました。ところが、噛み合わせの治療が進むにつれ、歪んだ顔が真っ直ぐになり、本人もビックリしましたが、私を見て家族も驚いてしまいました。これで、すっかりコンプレックスが解消しました。
また入れ歯に関しても、ある先生の入れ歯は違和感が強く、入れるだけで不快になりました。井上先生に作ってもらった義歯は、つけていることも忘れるぐらいフィットしています。また、硬いものも噛めるので、食べる楽しみが増えました。治療終了後、治療前後の全身の写真を見せてもらうと身体の歪みも治っていたことも知り驚きました。とにかく、先生には足を向けて寝むれない思いです。本当に感謝しています。ありがとうございました。